for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

ベラルーシ、ポーランド国境沿いの移民退去 数百人がイラクに向け出国

[ブルズギ(ベラルーシ) 18日 ロイター] - ベラルーシ当局は18日、ポーランドとの国境沿いで欧州連合(EU)入りを目指し野営していた移民を退去させた。この日は数百人のイラク人がベラルーシの首都ミンスクの空港からからイラクに向け出国しており、ベラルーシとEUの移民を巡る問題は収束に向け動き出した。

ポーランド国境警備隊の報道官は、ベラルーシとの国境沿いの野営キャンプから移民が完全に撤収したと明らかにした。ベラルーシ当局者もこれを確認した。ベラルーシ国営通信ベルタは、移民は国境から離れた場所にある倉庫に移動したとしている。

ベルタによると、ベラルーシ国営のベラビア航空はアフガニスタン、イラク、レバノン、リビア、シリア、イエメン国籍の人が、ウズベキスタンの首都タシケント発ミンスク行きの便に搭乗することを禁止した。

移民問題の解決に向け活発な外交活動が行われる中、ドイツのメルケル首相は15日に続き17日にもベラルーシのルカシェンコ大統領と電話会談を実施。ベラルーシはこの日、ルカシェンコ大統領がメルケル首相に対し、足止めされている移民のうちEUが2000人を受け入れ、ベラルーシが5000人を母国に送り返す案を提案したと明らかにした。

ドイツのゼーホーファー内相はこの提案を却下。ワルシャワで行なった記者会見で「圧力に屈して移民を受け入れれば、この不誠実な戦略の根幹部分を実施することになる」と語った。

ドイツ政府筋は、この問題は欧州全体が直面するもので、ドイツは単独で対応していないと強調。ドイツはいかなる提案にも合意していないと述べた。

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up