for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

英仏海峡で不法移民ら27人死亡、ボート沈没 両国が互いの対策に注文

[パリ 24日 ロイター] - 英仏海峡で不法に英国に渡ろうとした移民を乗せたボートが沈没し、27人が死亡したことを受け、英仏政府の当局者は24日、互いに移民問題への対策を強化するよう注文を付けた。

同海峡で起きた移民関連の事故としては史上最悪の犠牲者を出した。フランス政府は先に、31人が死亡したと発表していたが、その後、27人に修正した。

ジョンソン英首相は死者数に「衝撃を受け、愕然とした」と述べ、フランスに対し、同海峡横断を阻止する対策を強化するよう求めた。移民の越境をあっせんする犯罪集団は「人を殺してもとがめられずにいるも同然」と語気を強めた。

マクロン仏大統領は、英国は国内世論を有利に導くためにこの問題を政治化すべきではないと指摘。ダルマナン仏内相は、英国も問題解決に向け役割を果たすべきだと訴えた。

ダルマナン氏によると、救助された不法移民のうち2人は危篤状態にある。

フランス警察はこの事故に関与した疑いがあるあっせん業者4人を逮捕した。ダルマナン氏は、移民の国籍や身元は不明だと述べた。

マクロン大統領は、欧州連合(EU)の対外国境管理協力機関(FRONTEX)について、域内外の境界線を守るために一段の資金手当てが必要との見方を示した。そうすることで、フランス北部の沿岸に移民が集まる状況を避けられるとした。「英仏海峡が墓場と化すことをフランスは容認しない」と強調した。

英国はここ数週間、仏当局は多数の移民が同国の海岸から出発するのを黙って見過ごしていると批判していた。フランス側はこのような見方を否定している。

ジョンソン氏は声明で、不法移民による海峡横断を阻止する取り組みの強化でマクロン大統領と一致したと表明した。

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up