Reuters logo
独首相の支持率が2012年12月以来の低水準、難民対応に批判
September 4, 2015 / 11:35 AM / 2 years ago

独首相の支持率が2012年12月以来の低水準、難民対応に批判

[ベルリン 4日 ロイター] - ドイツのメルケル首相の8月の支持率は63%と、7月に比べ4%ポイント低下し、2012年12月以来の低水準となった。ドイツの公共放送ARDが報じた。欧州における難民や移民の受け入れ政策をめぐり批判が出ている。

 9月4日、メルケル独首相の8月の支持率は63%と、7月に比べ4%ポイント低下し、2012年12月以来の低水準となった。写真はベルリンで8月撮影(2015年 ロイター/Hannibal Hanschke)

支持率は前月比で1―2ポイント程度の変動にとどまることが多く、4ポイント動くことはまれ。

ドイツ東部では前月、急増する難民や移民に対する激しい抗議デモが発生。メルケル首相はこれを非難するのが遅かったとの声が多く、回答者の53%が首相の難民や移民への対応に不満を表明した。

ドイツの移民法は比較的リベラルで、支援も手厚い。移民や難民の受け入れに対しては、現在のペースを継続すべきと答えた人が37%、多くすべきと答えた人が22%、減らすべきと答えた人が33%となった。

さらに、半分以上が受け入れの増加を懸念していないと答えたが、失業率が高く極右に対する支持の強い旧東独では懸念がより強いことも分かった。

政治家の支持率に関しては、最も高かったのはシュタインマイヤー外相で、72%を獲得。ショイブレ財務相は69%だった。

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below