for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

独、ギリシャの難民キャンプから1500人を追加で受け入れへ

9月15日、ドイツ政府筋によると、メルケル首相とゼーホーファー内相は、ギリシャにある難民キャンプから1500人程度を追加で受け入れることで合意した。レスボス島のキャンプで14日撮影(2020年 ロイター/Alkis Konstantinidis)

[ベルリン 15日 ロイター] - ドイツ政府筋によると、メルケル首相とゼーホーファー内相は、ギリシャにある難民キャンプから1500人程度を追加で受け入れることで合意した。

ギリシャのレスボス島にあるモーリア難民キャンプが8日夜から9日にかけて起きた複数の火災で全焼し、1万2000人超の難民が行き場を失っている。

同筋によると、ドイツはレスボス島のキャンプからに限らず、亡命申請が受理されている難民を受け入れる。

ゼーホーファー内相がこれを提案し、メルケル首相が同意したという。

ギリシャの島々には約3万人の難民が滞在している。

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up