September 16, 2015 / 7:22 AM / 3 years ago

ハンガリーがセルビア国境封鎖、EU域内への難民・移民流入阻止

[セルビア・ハンガリー国境 15日 ロイター] - ハンガリー政府は15日、難民・移民が欧州連合(EU)域内に入る主要な陸路となる南部のセルビア国境を封鎖し、欧州への大量流入を自ら阻止する手段に出た。

EUは14日、ブリュッセルで内務相会合を開き、さらに12万人の難民を受け入れることで合意したが、具体的な分担方法では最終合意に至らなかった。

ハンガリー政府によると、新たな措置では、EU域外のセルビアとの国境で難民申請する者は自動的に追い返され、隠れて国境を越えようとした者は収監されることになる。

ハンガリーとセルビアの国境では、新たに高さ3.5メートルの有刺鉄線付きのフェンスが張られ、ドイツを目指して移動してきた人々が立ち往生し、数百人がその場で一夜を過ごした。

ハンガリーのオルバン首相は、バルカン半島からドイツやスウェーデンに向かうイスラム教徒を中心とする難民が通る主要な陸路を同国が封鎖することで、欧州の「キリスト教の価値観」を守ろうとしていると述べた。

国際人権団体のアムネスティ・インターナショナルは、ハンガリー政府を「無秩序に対応する欧州の見苦しい一面を見せた」と批判した。

難民・移民の大量流入を受け、ドイツは今週、国境での検問を復活させた。近隣諸国でも同様の対応が広がり、オーストリアは国境管理の厳格化を発表した。

ドイツのデメジエール内相は、EUは難民受け入れ分担を拒否した国を罰すべきと発言。これに対し、同国のメルケル首相は難民問題を協議するEU特別首脳会議の開催を呼び掛け、欧州の精神を取り戻す必要があると語り、内相の発言と距離を置いた。

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below