August 24, 2018 / 10:37 AM / a month ago

伊副首相、難民問題で「強硬路線」 加盟国の協議前に

[ローマ 24日 ロイター] - イタリアのディマイオ副首相は24日、シチリア島で沿岸警備隊の船舶に勾留されている難民への対応を話し合う欧州連合(EU)レベルの会議で強硬路線をとる方針を示し、この問題を巡りEU拠出金の支払い停止もあり得ると改めて警告した。

 8月24日、イタリアのディマイオ副首相はシチリア島で沿岸警備隊の船舶に勾留されている難民への対応を話し合う欧州連合(EU)レベルの会議で強硬路線をとる方針を示し、この問題を巡りEU拠出金の支払い停止もあり得ると改めて警告した。ローマで6月撮影(2018年 ロイター/Tony Gentile)

ディマイオ副首相は国内テレビに対し「ソフト路線は効かない。強硬路線とは、われわれの意見が通らない場合に資金拠出を保留することになる」と述べた。

24日にブリュッセルで開催される会合には、イタリアのほか、マルタ、ギリシャ、スペイン、ドイツ、フランス、オーストリアが出席に、難民の受け入れ方法などを協議する。

ディマイオ副首相は23日に、EU加盟国がシチリア島の難民を受け入れなければ、自身が党首を務める「五つ星運動」が来年のEU拠出金の支出停止に賛成するとの考えを示していた。

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below