July 26, 2019 / 1:04 AM / 23 days ago

地中海沖で移民船転覆、今年最悪の115人死亡の恐れ

 7月25日、リビア沖の地中海で移民を乗せた木造船が転覆し、リビア海軍当局者が明らかにしたところによると、115人前後が行方不明で溺死した恐れがあり、これまでに134人がリビアの沿岸警備隊や地元の漁業従事者らに救助されている。写真はリビア海軍に救出された移民達。トリポリで撮影(2019年 ロイター/ISMAIL ZITOUNY)

[トリポリ/ジュネーブ 25日 ロイター] - リビア沖の地中海で移民を乗せた木造船が転覆し、リビア海軍当局者が25日に明らかにしたところによると、115人前後が行方不明で溺死した恐れがあり、これまでに134人がリビアの沿岸警備隊や地元の漁業従事者らに救助されている。

国連難民高等弁務官事務所(UNHCR)はこれより先、最大150人が死亡した恐れがあると推定。グランディ国連難民高等弁務官はツイッターで、「今年最悪の地中海の悲劇が起きた」と投稿した。

リビア海軍の広報担当者によると、船には、エリトリアなどのサハラ以南のアフリカやアラブ諸国からの移民250人前後が乗っていた。

リビアは移民や難民のハブとなっており、多くは航海に適さない船で欧州を目指している。

ヤクスリーUNHCR報道官は、今回の転覆で年初からこれまでに地中海で出た移民の死者数が600人超に達し、今年通年では6年連続で1000人を超える見通しになっていると説明。「人々がこのような危険な船の移動を行う原因を解決しないかぎり、悲しいことだが今回がこうした悲劇の最後の例とはならない公算が大きい」と述べた。

さらに同報道官は、生存者はリビアにある2カ所の収容施設に移送される公算が大きく、そこで新たなリスクにさらされるとして速やかな解放を求めた。

報道官は、「これらの収容施設は水と食糧が不足しているほか、しばしば不衛生な状態であることが分かっている。また、人権侵害も広範囲に報告されていることを認識している」と述べた。

リビアは、移民は不法に出入国しているとし、定期的に施設に収容している。国連は、これらの施設は事実上刑務所で、収容者は内戦に巻き込まれる新たなリスクにさらされるとしている。

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below