January 31, 2019 / 9:03 PM / 3 months ago

欧州議会、ベネズエラ「暫定大統領」宣言したグアイド氏を承認

 1月31日、欧州議会は、ベネズエラの「暫定大統領」就任を宣言した野党指導者、フアン・グアイド国会議長(写真)の承認を巡る採決を行い、賛成439票、反対104票で承認した。カラカスで撮影(2019年 ロイター/Carlos Garcia Rawlins)

[ブリュッセル 31日 ロイター] - 欧州議会は31日、ベネズエラの「暫定大統領」就任を宣言した野党指導者、フアン・グアイド国会議長の承認を巡る採決を行い、賛成439票、反対104票で承認した。マドゥロ政権への国際社会の退陣圧力が一段と強まった。

同日開かれた欧州連合(EU)外相会議でEUのモゲリーニ外交安全保障上級代表は、ベネズエラの大統領選実施を目指し、欧州と南米の諸国がコンタクト(連絡調整)グループを発足させることを明らかにした。英国、フランス、ドイツ、スペイン、イタリア、ボリビア、エクアドルなどが参加し、90日以内に成果を出すことを目指す。

欧州議会は声明で、EU加盟28カ国に対し、ベネズエラで「自由で透明、かつ信頼の置ける大統領選挙」が実施されるまで、グアイド氏を「唯一の正統な暫定大統領」として承認するよう呼び掛けた。採決では88人の議員が棄権票を投じた。

EU加盟国では英国、フランス、ドイツ、スペインが26日、マドゥロ大統領が8日以内に選挙実施を表明しなければ、グアイド氏を暫定大統領として承認するとの立場を示していた。ただEUとしては、大統領選実施の期限は設定していない。

モゲリーニ氏によると、コンタクトグループは厳密には調停役とはならず、ベネズエラの野党とマドゥロ氏が距離を縮め、抑圧を回避し、新たな選挙の実施で合意できるよう調整役を担うという。90日以内に成果が出なければ、役割を終えることになる。

「ベネズエラを平和的かつ民主的な手法で、平和的かつ民主的な自由選挙に導くことが目的だ」と述べた。

モゲリーニ氏はまた、マドゥロ氏との対話で結果が出ない場合は、経済制裁の強化が選択肢になると警告した。

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below