May 31, 2019 / 8:28 PM / in 3 months

米欧間の個人情報移転、7月に欧州司法裁で審理 FBの申立て棄却

[ダブリン 31日 ロイター] - 米・欧州連合(EU)間の個人情報移転に関する制度「プライバシー・シールド」の合法性などが争われていた裁判で、アイルランド最高裁は31日、米交流サイト大手フェイスブックの申し立てを退け、判断を欧州司法裁判所(ECJ)に付託するとの高裁決定を支持した。これにより同事案は7月9日にECJで審理される見通しとなった。

高裁は昨年、個人データの転送に関するEUの法律要件と比較して米国では有効な規定が存在しないという主張には十分な根拠があるとの判断を示していた。

EUの一般データ保護規則(GDPR)は個人情報の域外への移転を原則禁じているが、保護水準がEU並みであると認められた国・地域には例外として移すことができる。米国も「プライバシー・シールド」によりデータ移転が認められている。

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below