for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

欧州株式市場=反落、ECB会合前に警戒感

    [7日 ロイター] - 欧州株式市場は反落して取引を終えた。欧州中央銀行(EC
B)が今週開く会合を前に、投資家に警戒感が広がった。
    ECBは9日に理事会を開く。ユーロ圏の物価上昇や経済の改善を示すデータが出て
おり、金融引き締めを打ち出すとの観測が高まっている。TSロンバードの戦略部門責任
者、アンドレア・シシオーネ氏は「ECBはパンデミック緊急購入プログラム(PEPP
)の縮小を議論するとみられている。もしそうならば投資家はほかの手段での埋め合わせ
があるかのヒントを探すだろう」と述べた。
    通信大手ドイツテレコムは0.1%高だった。ソフトバンクグループ<998
4.T>との株式交換により、米Tモバイルの株式を取得し、保有率を増やす。同時
にTモバイルのオランダ部門をプライベートエクイティの連合に51億ユーロ(60億5
千万ドル)相当で売却すると発表した。
    オランダの通信大手KPNは4.1%上昇。英同業のBTは0.1%
下落し、ドイツテレコムが保有する12%のBT株について選択肢を検討していると伝わ
ったのが響いた。STOXX欧州600種通信株指数は0.10%上昇。
    航空部品のメギットは12.1%下がり、STOXX欧州600種で最も不
振だった。米同業のトランスダイム・グループが87億ドルの買収合戦から撤退
したことが嫌気された。
 <株式指数>                       終値     前日比       %   前営業日終  コード
                                                                       値  
 STOXX欧州600種           472.87      -2.32    -0.49       475.19          
 FTSEユーロファースト30    1821.56      -8.37    -0.46      1829.93          
 0種                                                                      
 ユーロSTOXX50種          4225.01     -21.12    -0.50      4246.13             
 
    
for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up