for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

再送-欧州株式市場=下落、債券買い入れ縮小に懸念

 (コードを追加して再送します)
    [10日 ロイター] - 欧州株式市場は下落して取引を終えた。
欧州中央銀行(ECB)が新型コロナウイルス禍で導入した債券買い入
れプログラムを縮小する方針を示し、金融引き締めによるリスクへの懸
念が続いた。
    世界経済の回復が遅れることへの不安もあり、STOXX欧州60
0種は今週5営業日のうち4日で下落し、週間では1.18%値下がり
した。ディフェンシブ銘柄のSTOXX欧州600種ヘルスケア株指数
や不動産株指数が大きく下がった。
    この日、フランスのエネルギー貯蔵企業のリュビは前日
より8.0%下がり、STOXX欧州600種で最大の下落率となった
。カリブ海地域での事業で問題が生じたことが足を引っ張った。
    一方、ドイツのバイオテクノロジー企業ビオンテックは
2.5%上昇。幹部2人が、5歳以上の子供が新型コロナウイルスワク
チンを使用できるように世界中で承認申請すると独誌シュピーゲルに明
らかにしたことが材料視された。
    HSBCの買い推奨を受けたフランスの高級ブランドLVMH(モ
エ・ヘネシー・ルイ・ヴィトン)が0.8%上昇。他の高級
ブランド銘柄もつれ高となった。
    ECBがユーロ圏の経済成長率とインフレ率の上昇を予測している
ものの、金融支援をやめようとしているわけではないと強調したことは
支援材料。ウニクレディトのアナリストは「理事会の結果は、短期的に
は支援材料になりそうだ」とし、「経済状況が十分に良好な状態を保て
ば、『本当の』買い入れ縮小はおそらく来年になるだろう」との見方を
示した。
 <株式指数>                       終値     前日比       %   前営業日終  コード
                                                                       値  
 STOXX欧州600種           466.34      -1.23    -0.26       467.57          
 FTSEユーロファースト30    1796.26      -4.10    -0.23      1800.36          
 0種                                                                      
 ユーロSTOXX50種          4170.35      -6.76    -0.16      4177.11             
 
    
 (ーからご覧ください)
for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up