April 12, 2018 / 7:13 PM / 3 months ago

欧州市場サマリー(12日)

[12日 ロイター] - <ロンドン株式市場> ほぼ横ばい。合併・買収(M&A)の動きが買い材料となった一方で、シリアに関する地政学的リスクやポンド高が相場の抑制要因となった。

ロンドン・キャピタル・グループのジャスパー・ロウラー氏は「通商問題への不安が漂う中で、シリアでの軍事紛争も脅威だ。株価持ち直しへの道を切り開くのは難しい」と指摘した。

この日はまた、ポンドがユーロに対して9カ月ぶりの高値を付け、ドルで収益を上げる国際的な銘柄が多いFT100種の重しとなった。

こうした中、ソフトウェアのマイクロフォーカス(MCRO.L)は7.6%上昇した。物言う投資家として有名なヘッジファンドのエリオット・マネジメントがマイクロフォーカス株を取得したとの報道が好感された。

アイルランドの医薬品大手シャイアー(SHP.L)は2.7%上昇した。武田薬品工業(4502.T)がシャイアー買収に向けて、主要行に対し買収資金借り入れを打診したことが材料視された。

<欧州株式市場> 反発。トランプ米大統領がシリアへの差し迫った軍事攻撃はない可能性を示唆したことで米国株が買い戻され、買い安心感が広がった。

トランプ大統領は12日のツイッターで、シリアでの化学兵器使用疑惑を受けたアサド政権に対する軍事攻撃について「間もなくかもしれないし、それほど近くないかもしれない」と投稿した。

スイスのポンプメーカー、スルザー(SUN.S)は19.5%急騰。ロシアの大富豪ヴィクトル・ヴェクセリベルク氏の株式保有率が50%を下回るために自社株買いの承認を当局から得て米国の制裁一覧から外れたことが好感された。

英国のオンラインカジノ向けゲームソフト会社プレイテック(PTEC.L)は5.7%上昇。イタリアのベッティングおよびゲーミング会社スナイテック(SNAI.MI)を約10億ドルで買収することで合意した。スナイテックは14.6%急騰した。

<ユーロ圏債券> 国債利回りが小幅上昇したものの、引き続き最近付けた低水準近辺で推移。米国がシリアに対し軍事行動を起こす可能性がくすぶる中、地政学リスクを巡る懸念が相場の下支えとなった。

域内国債利回りは概ね横ばいから2ベーシスポイント(bp)上昇。ドイツ10年債利回りDE10YT=TWEBは1bp上昇の0.51%近辺。

米中貿易摩擦を巡る不安も根強い。中国商務省は米国との貿易問題がエスカレートした場合の準備は十分できており、ちゅうちょなく反撃すると警告。さらに習近平国家主席が表明した一部の輸入関税引き下げは譲歩ではないと主張した。

イタリアは、2021年、25年、38年、48年に償還を迎える国債を売却。10年物のイタリア国債とドイツ国債の利回り格差は131bpと、2016年以来の水準付近に縮小した。

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below