May 29, 2018 / 4:40 PM / 5 months ago

米欧同盟関係の悪化、大規模危機につながる恐れ=ソロス氏

[パリ 29日 ロイター] - 米著名投資家ジョージ・ソロス氏は29日、米国と欧州の関係が悪化していることについて、大衆迎合主義(ポピュリズム)や難民危機と同様に、欧州連合(EU)にとっては存在の脅威と言えるとの見方を示した。

パリで講演したソロス氏は、米国のイラン核合意離脱や米欧間の同盟関係崩壊に言及し、こうした状況が欧州経済にマイナスの影響を与え、資金の流れがさらに変化する可能性を指摘。ドル高や新興国通貨売りがその前兆だと述べた。

さらに「新たな大規模金融危機に向かっているのかもしれない」とも述べ、対策としてEUがアフリカ向けの「マーシャル・プラン」的な支援策を実施すべきだと主張した。

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below