October 4, 2018 / 2:41 PM / 2 months ago

9月の欧州自動車販売は23%減、新排ガス計測導入が影響=LMC

[パリ 4日 ロイター] - コンサルティング会社LMCオートモーティブのデータによると、9月の欧州自動車販売は23%減少した。より厳格な燃費計測方法が導入されたことが影響している。

9月の登録台数は105万台。前年同月は136万台だった。

欧州では、9月1日から新たな燃費計測方法として「国際調和排ガス・燃費試験方法(WLTP)」が導入された。これにより、フォルクスワーゲン(VW)(VOWG_p.DE)やルノー(RENA.PA)などが、再認証を受けていない一部モデルを出荷できない状態になっている。

8月はWLTP導入を控え、各メーカーが値下げ攻勢をかけたり中古車として登録を進め、VWとルノー主導で販売が急増していた。

9月の販売台数は季節調整後の年率で39%減の1126万台。VW車の認証遅れでドイツや英国の販売が減少した。

ドイツの販売台数は30.5%減、英国は20.5%減、フランスが12.8%減、イタリアは25.4%減だった。

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below