for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

欧州、過去500年で最も深刻な干ばつに直面=報告書

欧州委員会は8月の報告書で、欧州は少なくとも過去500年で最悪の干ばつに直面していると指摘した。8月16日、フランス・トゥルトゥルで撮影(2022年 ロイター/Eric Gaillard)

[ブリュッセル 23日 ロイター] - 欧州連合(EU)の行政執行機関、欧州委員会が23日発表した8月の報告書で、欧州は少なくとも過去500年で最悪の干ばつに直面していると指摘した。欧州大陸の3分の2は警戒または警告の状態にあり、内陸部での船舶輸送や発電、一部作物の収穫量に影響が出ているという。

欧州委が監督する欧州干ばつ観測所(EDO)の8月の報告書によると、欧州の47%は土壌の水分不足が明らかな警告状態、17%は植生が影響を受ける警戒状態にある。

「今年に入って欧州の多くの地域に影響を与えている深刻な干ばつは、8月初めの時点でさらに拡大して悪化している」と説明。西欧・地中海地域は通常より気温が高く、乾燥した状態が11月まで続く可能性が高いと指摘した。

欧州委は声明で、現在の干ばつは少なくとも過去500年で最悪となるとの見方を示した。

夏の作物が被害を受け、2022年のトウモロコシの収穫量は過去5年の平均を16%下回り、大豆とヒマワリはそれぞれ15%、12%の減少が見込まれる。

水力発電も打撃を受け、冷却システムに供給する水の不足によって他の発電事業者にも影響が及んでいる。

さらに、水位低下でライン川などの内陸部での船舶航行に支障が出ており、積み荷を減らさざるを得ないため石炭や石油の輸送にも悪影響が出ている。

EDOは、8月半ばの降雨で状況が緩和された可能性はあるが、一部では雷雨を伴い被害を拡大させたと指摘している。

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up