for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

イタリア、干ばつ被害の北部に非常事態宣言

イタリア政府は4日、干ばつに見舞われている北部のポー川流域で非常事態を宣言した。6月撮影(2022年 ロイター/Guglielmo Mangiapane)

[ローマ 4日 ロイター] - イタリア政府は4日、干ばつに見舞われている北部のポー川流域で非常事態を宣言した。同地域はイタリアの農業生産のおよそ3分の1を占めており、政府は必要に応じて家庭や企業に節水を義務付けるなどの緊急措置を導入できるようにする。

ポー川は全長650キロのイタリアで最長の川。流域は過去70年で最悪の干ばつに見舞われており、水路の多くが干上がっているほか、流れが弱いために海水が内陸に流入し、農作物が被害を受けている。

政府はエミリア・ロマーニャ州、フリウリ・ヴェネツィア・ジュリア州、ロンバルディア州、ピエモンテ州、ヴェネト州の北部5州でも非常事態を宣言。水不足に対応するために3650万ユーロ(3800万ドル)の予算を割り当てる。

イタリアのメディアは、新型コロナウイルス感染拡大への対応と同様に、ドラギ首相が干ばつ対策を調整する委員会の設置を検討していると報じている。

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up