November 5, 2018 / 12:39 AM / 9 days ago

訂正:欧州議会選、フランス極右の支持率上昇 与党を逆転=世論調査

 11月4日、2019年5月の欧州議会選挙を控え、フランスの極右政党・国民連合(旧国民戦線)の支持率が21%に上昇し、マクロン大統領率いる与党の共和国前進(REM)を逆転したことが世論調査で明らかになった。写真は会見する国民連合のルペン党首。7月にパリで撮影(2018年 ロイター/Gonzalo Fuentes)

[パリ 4日 ロイター] - 2019年5月の欧州議会選挙を控え、フランスの極右政党・国民連合(旧国民戦線)の支持率が21%に上昇し、マクロン大統領率いる与党の共和国前進(REM)を逆転したことが世論調査で明らかになった。

仏調査会社IFOPの調査によると、REMに投票するとの回答は19%と、8月末時点の20%から低下。ルペン党首率いる国民連合は前回の17%から上昇した。欧州議会選の調査で国民連合がREMを逆転するのは初めて。

保守派の共和党は3位で13%、左翼政党の不屈のフランスは11%で、それぞれ前回調査から低下した。国民連合以外の3つの党も含めた極右政党と反欧州連合(EU)政党の支持率は計30%(訂正)と、前回の25%から上昇した。

調査は1000人近くを対象に10月30─31日に実施した。

*第3段落の「極右政党全体の支持率は30%」を「極右政党と反欧州連合(EU)政党の支持率は計30%」に修正します。

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below