Reuters logo
ユーロ圏の単一銀行破たん処理機構、現行の法的枠組みで可能=ECB専務理事
2013年9月13日 / 14:37 / 4年後

ユーロ圏の単一銀行破たん処理機構、現行の法的枠組みで可能=ECB専務理事

[ビリニュス 13日 ロイター] - 欧州中央銀行(ECB)のアスムセン専務理事は13日、ユーロ圏は単一の銀行破たん処理機関を現在の法的枠組みの中で設置することが可能という見方を示した。

ドイツはこのような機関の設置は欧州連合(EU)基本条約に抵触するとしている。

アスムセン専務理事は、EU条約第114条が単一破たん処理基金などの創設に十分な法的根拠を与えているというのが欧州理事会の法務サービス担当の意見であると理解していると述べた。

また、「ECBにおける法務サービス当局者もまた、114条が確固とした法的根拠となっているという見方だ。つまり、欧州理事会、欧州委員会、ECBの法律専門家の間でコンセンサスがあり、これによってわれわれは前進することが可能となる」と語った。

アスムセン専務理事はまた、単一の清算基金について、移行期間中は欧州安定メカニズム(ESM)が後ろ盾となることが可能だと述べた。基金に資金が集まるまではESMが資金を供与し、銀行からの資金が集まってからESMへの返済が可能となる。

私たちの行動規範:トムソン・ロイター「信頼の原則」
0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below