May 17, 2016 / 9:31 AM / 4 years ago

ユーロ圏銀行の収益は圧迫、統合が必要=プラートECB専務理事

[ブリュッセル 17日 ロイター] - 欧州中央銀行(ECB)のプラート専務理事は17日、ユーロ圏の銀行セクターの収益は深刻な打撃を受けているとの認識を示し、一段の統合を促した。

同専務理事はセミナーで、銀行過剰や競争激化、コスト高、一部の国での高水準の不良債権、必要とされる銀行業界の再編の欠如が収益を圧迫していると指摘。その上で、ヘッジファンドや資金決済に特化したフィンテック企業などとの競争に直面していると述べた。

コスト削減や収益性改善に向け、統合による業界再編、とりわけ欧州全体をカバーする銀行グループの形成を求めた。

そしてこれが金融の安定に向けたEUの計画である銀行同盟の最終段階となるとの考えを示した。

専務理事はまた、低金利により生じるリスクに向けた規制面で対応が遅れており、現時点での優先度は高いとの認識を示した。

税金を使わずに銀行を救済する新たなEU規定について、まだ実際にテストしていないことは懸念材料との見方も示した。

*内容を追加しました。

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below