September 5, 2018 / 9:25 AM / 16 days ago

欧州の次の危機、不動産市場が引き金となる可能性=ECB当局者

[フランクフルト 5日 ロイター] - 欧州中央銀行(ECB)銀行監督委員会のダニエル・ヌイ委員長は、不動産市場が次の欧州危機の発生源になる可能性があるとの見解を示し、金融機関は10年前よりもうまく対処できる態勢を整えるべきだと警告した。ラトビア通信(LETA)とのインタビューで述べた。

 9月5日、欧州中央銀行(ECB)銀行監督委員会のダニエル・ヌイ委員長は、不動産市場が次の欧州危機の発生源になる可能性があるとの見解を示し、金融機関は10年前よりもうまく対処できる態勢を整えるべきだと警告した。写真はロンドンで2014年11月撮影(2018年 ロイター/Neil Hall)

欧州では、政策金利が過去最低水準に据え置かれる中、一部の人気スポットで不動産価格が高騰しており、政策担当者の間からも、緩和的な金融政策が資産バブルをあおるリスクがあり、次の危機につながりかねないと危ぶむ声が聞かれている。

ヌイ委員長は「何が次の危機の引き金になり得るか。私には分からないが、不動産市場ではないかと疑っている」と述べ、「新たな危機が起きることは確信している。ただ、時期や起きる理由については分からない」と付け加えた。

また、「依然欠如しているのは欧州の預金保険(制度)だ」との考えを示した。

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below