May 21, 2019 / 9:57 AM / a month ago

ユーロ圏の一部銀行は資本バッファー増強を=ECB副総裁

[フランクフルト 21日 ロイター] - 欧州中央銀行(ECB)のデギンドス副総裁は21日、ユーロ圏の成長が減速しており、一部の国は国内銀行に不測のショックへの備えとして資本積み増しを指示すべきとの考えを示した。

同副総裁はロンドンでの会合で「現在目にしている成長の鈍化は、起こる可能性は低いものの、起これば金融システムは経済に深刻な影響を及ぼすテールリスクを高める」と述べた。

「そのため、継続的なバッファーの構築が正当化される。特に、長期にわたる景気回復で信用リスクを過小評価していたり、民間債務が高水準ないし増加している国は、それが求められる」と指摘した。

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below