September 4, 2019 / 8:08 AM / 3 months ago

ユーロ圏の銀行、不良債権圧縮や強硬離脱への準備が必要=ECB

 9月4日、欧州中央銀行(ECB)銀行監督委員会トップのアンドレア・エンリア氏は、ユーロ圏の銀行について、不良債権の圧縮や、英国の強硬な欧州連合(EU)離脱に向けた計画の策定が優先課題だとの認識を示した。写真は3月にフランクフルトで撮影(2019年 ロイター/Kai Pfaffenbach)

[フランクフルト 4日 ロイター] - 欧州中央銀行(ECB)銀行監督委員会トップのアンドレア・エンリア氏は4日、ユーロ圏の銀行について、不良債権の圧縮や、英国の強硬な欧州連合(EU)離脱に向けた計画の策定が優先課題だとの認識を示した。

エンリア氏は欧州議会の経済問題委員会で「特に不良債権の指針や、内部モデルに関する的を絞った検査に基づく勧告について、作業を進めていく。トレーディングリスクと資産評価を重視した現場での任務を進めていく」と発言。

「銀行は英EU離脱への対応策の導入を急ぐ必要がある。10月末に強硬離脱が起きる場合に備えて、万全の準備を整えなければならない」とも述べた。

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below