September 18, 2018 / 9:46 AM / 3 months ago

ユーロ圏の銀行、不良債権の一段の削減が必要=ドラギECB総裁

[フランクフルト 18日 ロイター] - 欧州中央銀行(ECB)のドラギ総裁は18日、ユーロ圏の銀行について、融資を拡大し、収益性を改善するために不良債権を一段と削減し、買い手候補に対する魅力を高める必要があるとの見解を示した。

総裁はパリで開かれた会議で「不良債権が高水準の銀行は資本を構築する能力も限られており、貸し出しは低水準にとどまっている」と指摘。「同様に、低収益性と不良債権の評価に関連した不透明感が、国境を越えたM&A(買収・合併)の魅力を減退させている」と述べた。

ECBは最優先課題の一つに不良債権の削減を掲げており、全体の水準はピーク時の約1兆ユーロから3分の1程度減少しているものの、米国の水準は引き続き大幅に上回っている。

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below