Reuters logo
ユーロ圏銀行の不良債権引当金、ECBが増額要求へ=草案
October 3, 2017 / 4:10 PM / 2 months ago

ユーロ圏銀行の不良債権引当金、ECBが増額要求へ=草案

[ローマ 3日 ロイター] - 欧州中央銀行(ECB)は、ユーロ圏の銀行に対して不良債権の引当金を増やすことを要求する予定だ。ロイターが入手した草案で明らかになった。

不良債権は銀行のバランスシートに重くのしかかっており、融資の抑制につながっている。信用拡大が弱く、低金利によって景気を刺激しようとするECBにとって悩みの種だ。

草案によると、ECBは無担保の不良債権として新たに分類されるものについて、その額を100%補填する資金を蓄えるために2018年1月1日より2年間の猶予を与える。担保がある債権に関しては7年間だ。

これは既にバランスシートに計上されている1兆ユーロ近くに達する規模の不良債権には適用されない。新たに不良債権が積み上がることを防ぐ対策だ。

ユーロ圏の銀行における不良債権のエクスポージャーの引当金は第1・四半期に平均して45%だった。

草案によると、同対策は法的拘束力を持たない。ただ、これに従わない銀行はECBに説明が必要となる。

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below