Reuters logo
ECB、域内銀行に貸倒引当金の増額要求
October 4, 2017 / 7:31 AM / 2 months ago

ECB、域内銀行に貸倒引当金の増額要求

[フランクフルト 4日 ロイター] - 欧州中央銀行(ECB)は4日、不良債権問題に対応するため、来年以降、ユーロ圏内の銀行に貸倒引当金の増額を求める方針を示した。

新たに不良債権として分類された貸出債権について、額面の100%に相当する引当金の計上を求める。

無担保の不良債権については、来年1月1日から2年以内の引当金計上、有担保の不良債権については、同7年以内の引当金計上を求める。

ECBは「この指針から逸脱した銀行は、監督当局への説明が必要となる」と表明。「銀行側の説明に基づいて、追加の監督措置が必要かどうかECBが判断する」としている。

今回の指針は、1兆ユーロ近くに上る既存の不良債権には適用されない。ただ、ECBは、既存の不良債権についても、来年第1・四半期末までに対応策を発表する可能性があるとしている。

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below