for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

ユーロ圏の銀行、資本バッファーで損失吸収を=デギンドスECB副総裁

[フランクフルト 16日 ロイター] - 欧州中央銀行(ECB)のデギンドス副総裁は16日、ユーロ圏の銀行に対し、今後も資本バッファーを活用して損失を吸収すべきであり、実体経済への与信を抑制すべきではないとの認識を示した。

新型コロナウイルスの流行による景気後退から回復するには時間が必要だとの見方も示した。会議で述べた。

また銀行の不良債権処理を支援するため、国と欧州連合(EU)の双方のレベルで包括的な対策を編み出す必要があるとも主張。

「市場原理に基づく解決策を主軸に据えるべきだ。不良債権の流通市場の効率化と透明性強化のため、欧州レベルで行動することが望ましい」と述べた。

「政府が支援する証券化スキームや、問題を抱えているが存続可能な企業の債務再編と新株発行を支援する新たな対策について、ベストプラクティス(最良慣行)の指針を示すこともできるかもしれない」と述べた。

※原文記事など関連情報は画面右側にある「関連コンテンツ」メニューからご覧ください

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up