November 22, 2018 / 1:09 AM / 23 days ago

欧州版IMF構想、ドイツが重債務国締め出す厳しい基準を提案

 11月21日、ドイツは、危機に陥ったユーロ圏加盟国を支援する欧州版国際通貨基金(IMF)「欧州通貨基金(EMF)」構想について、高水準の債務を削減できない国を締め出す厳しい適格基準を設けることを提案している。写真は新ユーロ紙幣。フランクフルトで9月に撮影(2018年 ロイター/Kai Pfaffenbach)

[ベルリン 21日 ロイター] - ドイツは、危機に陥ったユーロ圏加盟国を支援する欧州版国際通貨基金(IMF)「欧州通貨基金(EMF)」構想について、高水準の債務を削減できない国を締め出す厳しい適格基準を設けることを提案している。

多くのユーロ圏政府はユーロ圏の金融安定網である欧州安定メカニズム(ESM)を改編して、より強固な基金を創設することを望んでいるが、具体的な案については見解が大きく分かれている。

ロイターが確認したドイツ財務省の提案によると、財政赤字と公的債務の対国内総生産(GDP)比率がそれぞれ3%、60%を下回っている国は無条件で支援が受けられる。そうでなければ、過去3年間に公的債務の対GDP比率を年0.5%ポイント押し下げてきたことを示す必要がある。

提案は財政が不健全な国に基金の利用を可能にすることは「モラルハザード」を引き起こすリスクがあると警告。ESMの低利融資は必要な予算調整や構造改革を後回しにすることに誤用されていると指摘した。

ユーロ圏財務相は、EMF構想について年末までに合意する見通し。

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below