for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

ECB、2026年頃までに不良債権向け引当金の積み増し要請=伊紙

[ミラノ 15日 ロイター] - イタリア紙イル・ソーレ・24・オーレ紙は15日、関係筋の話として、欧州中央銀行(ECB)が監督対象の銀行に対し、不良債権を完全に処理するための資金を2026年ごろまでに積み増すよう要請したと報じた。

報道はイタリアの銀行に特に焦点を当てており、イタリアの銀行が抱える不良債権は欧州内で最も高水準だと指摘した。

同紙によると、銀行が引当金拡充が困難な場合は、理由を説明できればECBの要請に従わないことが認められるという。

14日の株式市場では、モンテ・デイ・パスキ・ディ・シエナ(モンテ・パスキ)の株価は10%超下落。同行は、2026年までに不良債権向け引当金を増額するようECBから通告されたと明らかにした。

※原文記事など関連情報は画面右側にある「関連コンテンツ」メニューからご覧ください

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up