Reuters logo
ユーロ圏国債利回り低下、ECBの資産買入延長巡る報道受け
October 13, 2017 / 9:09 AM / 2 months ago

ユーロ圏国債利回り低下、ECBの資産買入延長巡る報道受け

[ロンドン 13日 ロイター] - 13日の欧州債券市場の序盤取引では、ユーロ圏の国債利回りが低下。欧州中央銀行(ECB)の政策当局者が資産買い入れ期間の延長について大筋で合意しているとの報道を受けた。

ロイターは、ECB当局者が10月の理事会で資産買い入れの大幅減額と買い入れ期間の9カ月延長について大筋で合意していると、関係筋5人の話として報じた。

INGのストラテジストは「ほとんどの予想は延長の幅を6─9カ月としているが、市場のボラティリティーを軽減し、金利ガイダンスを補強するためにできるだけ長く買い入れを維持することが考えられる」と語った。

独連邦債10年物利回りは3ベーシスポイント(bp)低下し、今月の最低水準となる0.415%を付けた。

トレードウェブによると、他のユーロ圏国債利回りも2─4bp低下した。

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below