Reuters logo
仏国債利回りが低下、オランダ総選挙で与党が極右勢力抑える公算
2017年3月16日 / 08:28 / 8ヶ月前

仏国債利回りが低下、オランダ総選挙で与党が極右勢力抑える公算

[ロンドン 16日 ロイター] - 序盤の欧州金融・債券市場でフランス国債の利回りが1週間ぶりの低水準となった。オランダ下院選挙でルッテ首相率いる自由民主党(VVD)が極右の自由党(PVV)を抑えて第1党となる見込みとなったことが背景。

フランスでは極右政党、国民戦線(FN)のルペン党首が大統領選を勝ち抜けるかに注目が集まっている。オランダの総選挙で自由党が勝利すれば仏国債利回りが上昇するとみられていた。

仏10年物国債利回りFR10YT=TWEBは5ベーシスポイント(bp)低下の0.99%と1週間ぶりの水準となった。独連邦債DE10YT=TWEBとの利回り格差は3月6日以来初めて60bpを下回った。

私たちの行動規範:トムソン・ロイター「信頼の原則」
0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below