Reuters logo
ギリシャが金利固定要請、債務軽減協議で=関係筋 
2016年11月28日 / 14:07 / 1年前

ギリシャが金利固定要請、債務軽減協議で=関係筋 

[アテネ/ロンドン 28日 ロイター] - ギリシャは金利上昇による多額の負担増を回避するため、債務軽減策の一環として、借り入れコストを現在の低水準に固定するよう債権団に求めている。政府関係者が明らかにした。

ギリシャにとっての優先課題は、公的債権者から借りている2280億ユーロの返済額を固定することだ。このうち欧州金融安定ファシリティー(EFSF)、欧州安定メカニズム(ESM)からの借り入れ額は1627億ユーロとなっている。

政府筋は債務を持続可能な軌道に乗せるには、変動金利の部分を固定金利に変換することが必要とし、「変動金利を固定金利に変えられれば、長期的に金利が上昇した際に悪循環を回避する一助となる」と話す。

EFSF、ESMからの借り入れ1627億ユーロのうち、変動金利のEFSF債310億ユーロがギリシャの銀行に与えられた。

ギリシャはこれらの債務を新たな固定金利で、より期間の長い債券に交換するよう債権団に要請しているという。

ESMはユーロ圏財務相から、ギリシャの債務軽減策を策定するよう指示されており、12月5日のユーログループ(ユーロ圏財務相会合)で債務軽減策に関する提案を行う見通し。

私たちの行動規範:トムソン・ロイター「信頼の原則」
0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below