for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

UPDATE 1-イタリア国債利回り上昇、連立協議2党がECBに債務免除要請と報道

(情報を追加しました)

[ロンドン 16日 ロイター] - 16日の欧州市場で、イタリアの債券利回りが上昇、ドイツ連邦債との利回り格差が拡大している。イタリアで連立協議を進めるポピュリズム政党「五つ星運動」と極右政党「同盟」が、欧州中央銀行(ECB)に対し、イタリアの債務2500億ユーロの免除を要請する方針との報道が背景。

イタリア10年債の利回りは2.003%と2カ月ぶり高水準を付けた。ドイツ連邦債との利回り格差は15日終盤の129ベーシスポイント(bp)から一時139bpに拡大した。

イタリア2年債利回りは0.007%に上昇。ロイターのデータによると、同利回りがゼロを上回るのは2017年5月以来。

ハフィントン・ポスト・イタリアが入手した14日付の文書によると、両党はイタリアの欧州連合(EU)予算分担金の見直し、対ロシア制裁の解除、年金支給開始年齢を引き上げた2011年の年金改革の廃止も提案している。

野村(ロンドン)の欧州金利ストラテジストは「まだ報じられたばかりだが、最終的には内容が弱められた免除となる可能性があると見込まれており、これは市場にとっては懸念だ」と述べた。

IHSマークイットによると、イタリアの5年物クレジット・デフォルト・スワップ(CDS)は102bpに上昇。これは3月末以来の高水準。

株式市場も下落している。

※原文記事など関連情報は画面右側にある「関連コンテンツ」メニューからご覧ください

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up