Reuters logo
独10年債利回りが2週間ぶり低水準、トランプ米大統領巡る疑惑で
2017年5月18日 / 09:43 / 6ヶ月後

独10年債利回りが2週間ぶり低水準、トランプ米大統領巡る疑惑で

[ロンドン 18日 ロイター] - 18日の欧州債券市場で、ドイツ連邦債の利回りが低下した。2016年の米大統領選時のトランプ陣営とロシアとの癒着を巡る疑惑が広がっていることが背景。

選挙前にトランプ陣営が少なくとも18回、ロシア政府関係者と接触していたとのロイターの報道後、独連邦債10年物利回りは6ベーシスポイント(bp)低下し、2週間ぶり低水準の0.32%に。他のユーロ圏国債も2―6bp低下している。

同年限の米国債利回りはほぼ1カ月ぶり低水準の2.202%。

私たちの行動規範:トムソン・ロイター「信頼の原則」
0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below