Reuters logo
UPDATE 1-独国債価格上昇、総選挙受け 南欧の国債下落=欧州市場
2017年9月25日 / 09:31 / 24日前

UPDATE 1-独国債価格上昇、総選挙受け 南欧の国債下落=欧州市場

(情報を追加します)

[ロンドン 25日 ロイター] - 25日の欧州国債市場で、独国債価格が上昇(利回りは低下)。ドイツ連邦議会(下院)選挙を受け、安全資産に対する需要が強まった。

総選挙ではメルケル首相が4選を確実にしたものの、極右政党「ドイツのための選択肢(AfD)」が躍進した。

ユーロ圏の指標となる10年物独国債の利回りは序盤の取引で0.44%に低下した。

一方、比較的格付けの低いスペイン、イタリア、ポルトガルなど南欧各国の国債が売られ、10年物のイタリア国債と独国債の利回り格差(スプレッド)は168ベーシスポイント(bp)と、2週間半ぶりの水準に拡大した。

市場では、メルケル首相のキリスト教民主・社会同盟(CDU・CSU)が、自由民主党(FDP)・緑の党との連立樹立を迫られるのではないかとの懸念が浮上している。

モルガン・スタンレーのアナリストは「市場寄りのFDPと、CDU・CSUの一部議員は、ユーロ圏の金融統合深化に反対している」と指摘。「FDPは、ギリシャの債務負担軽減と引き換えにギリシャのユーロ離脱を求める可能性が高い。これがユーロや周縁諸国の逆風となる可能性がある」との見方を示した。

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below