September 23, 2019 / 11:07 PM / 21 days ago

ユーロ圏金融市場で利下げ予想時期前倒し、軟調なPMI引き金

[ロンドン 23日 ロイター] - 23日のユーロ圏短期金融市場で、欧州中央銀行(ECB)による利下げの予想時期が早まった。域内の製造業、サービス部門の経済指標がさえない内容となり、リセッション(景気後退)への懸念が高まった。

ユーロ圏無担保翌日物平均金利(EONIA)先物が2020年3月のECB理事会までに織り込む利下げ幅は10ベーシスポイント(bp)と、この日序盤の8.8bpから拡大した。

今月12日のECB理事会後、市場は利下げの予想時期を後ずれさせ、来年4月までの10bp引き下げを織り込んでいた。

IHSマークイットが発表した9月のドイツ総合購買担当者景気指数(PMI)速報値は、6年半ぶりに50を下回った。製造業の不振が予想を上回ったほか、サービス部門も減速した。

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below