Reuters logo
ユーロ圏6カ国、来年EU財政基準に抵触する可能性=欧州委
2017年11月22日 / 12:19 / 22日前

ユーロ圏6カ国、来年EU財政基準に抵触する可能性=欧州委

[ブリュッセル 22日 ロイター] - 欧州委員会は、ユーロ圏6カ国が欧州連合(EU)財政基準を来年破る可能性があるとの見方を示した。イタリア、フランス、ベルギーはEUが要求する水準に公的債務を減らすことができないとしている。

 11月22日、欧州委員会は、ユーロ圏6カ国が欧州連合(EU)財政基準を来年破る可能性があるとの見方を示した。写真はブリュッセルの欧州委員会本部、6月撮影(2017年 ロイター/Francois Lenoir)

欧州委はギリシャを除くユーロ圏加盟国の2018年予算案を分析、各国の想定がEU基準に沿っているかを審査した。

ドイツ、リトアニア、ラトビア、ルクセンブルク、フィンランド、オランダ、エストニア、アイルランド、キプロス、マルタ、スロバキアの各国は完全、あるいは概して安定成長協定での規定に沿っているとした。

ベルギー、イタリア、オーストリア、ポルトガル、スロベニアは基準に沿わないリスクがあるとし、フランスも同様と指摘した。

協定での基準は国内総生産(GDP)比で財政赤字を3%以下、公的債務を60%以下とするよう求め、景気の影響を勘案しないベースでの財政均衡・黒字化を求めている。

債務削減も求めているが、フランス、ベルギー、イタリアは規定に沿ったペースで債務を削減していないとし、特にイタリアには懸念を表明した。「根強い高水準の政府債務が懸念」とし、来年春に再度削減度合いを評価する方針を示した。

財政赤字上限を10年にわたり上回っているフランスについて、今年は3%を下回る可能性があるが、構造赤字を来年、十分に減らさない場合は再び基準を上回るとの見通しを示した。

欧州委はユーロ圏19カ国に対し、総じて中立的な財政スタンスを推奨した。

私たちの行動規範:トムソン・ロイター「信頼の原則」
0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below