Reuters logo
イタリアなど6カ国、17年予算案がEU財政規則違反の恐れ=欧州委
2016年11月16日 / 16:05 / 1年後

イタリアなど6カ国、17年予算案がEU財政規則違反の恐れ=欧州委

[ブリュッセル 16日 ロイター] - 欧州委員会は、欧州連合(EU)加盟国の2017年予算案に関して、イタリアを含む6カ国がEUの財政規律に違反する恐れがあるとの見解を示した。

指摘を受けたのは、イタリアの他、ベルギー、キプロス、リトアニア、スロベニア、フィンランドの5カ国。

6カ国の予算案は「それぞれの中期目標に向かう調整軌道から大きく外れる可能性がある」とした。

中期目標では、一時的な歳出入や景気サイクルの影響を除く構造ベースで財政均衡の実現を目指す。

欧州が先週示した見通しによると、イタリアの構造赤字は2014年以降、増加傾向にあり、2017年には今年の国内総生産(GDP)比1.6%から2.2%、18年は2.4%に増える見込み。

EUの規定では、構造ベースで財政均衡を達成するまで毎年少なくともGDP比0.5%の赤字削減を定めている。

イタリアは、構造赤字の増大は、大量に流入する難民対策や地震の復興に絡む特別支出が大きく膨らんでいることが原因で、構造赤字の指標はこうした要因を考慮していないと説明している。

欧州委のモスコビシ委員(経済・財務担当)は会見で、地震や難民の問題などイタリアの置かれている状況に配慮を示し、「われわれはこれらを勘案する」と述べた。

私たちの行動規範:トムソン・ロイター「信頼の原則」
0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below