April 12, 2019 / 3:36 AM / 2 months ago

ECB、必要な限り緩和的な政策維持へ=仏中銀総裁

 4月11日、欧州中央銀行(ECB)理事会メンバーであるフランソワ・ビルロワドガロー仏中銀総裁(写真)は、ECBはインフレ目標の達成に向け、政策金利を必要な限り緩和的に維持する方針だと述べた。写真は都内で昨年11月撮影(2019年 ロイター/Toru Hanai)

[ワシントン 11日 ロイター] - 欧州中央銀行(ECB)理事会メンバーであるフランソワ・ビルロワドガロー仏中銀総裁は11日、ECBはインフレ目標の達成に向け、政策金利を必要な限り緩和的に維持する方針だと述べた。

国際通貨基金(IMF)・世界銀行総会の合間にワシントンでのイベントで講演した。

同総裁は、ユーロ圏経済は減速しているものの、リセッション(景気後退)には陥っていないとの見解を示した。

今週行われたECB理事会に言及し、「われわれはインフレ目標達成に必要な限り、政策を緩和的に維持する用意があることを確認した」と述べた。

現在のマイナス金利が銀行に与えているマイナスの影響を軽減するため、預金金利を階層的に設定する可能性について検討していることにも改めて言及した。

総裁はまた、ユーロ圏は長い間インフレ促進に苦戦している日本の状況とは異なるとし、ECBにはインフレを加速させる手段があると語った。

ユーロ圏は日本と比べて債務規模が小さく、名目成長率とインフレ期待が高いとし、日本のような状況には陥っていないとした。

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below