for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

ユーロ圏センチメント指数、2月は再びマイナス 封鎖措置響く

[ベルリン 8日 ロイター] - 調査会社センティックスが発表した2月のユーロ圏投資家センチメント指数はマイナス0.2で、前月の1.3から低下した。市場は1.9への改善を予想していたが、新型コロナウイルス禍のロックダウン(都市封鎖)が経済に影響を与え再びマイナス圏に落ち込んだ。

期待指数も過去最高だった前月の33.5から31.5に低下。

現況指数もマイナス26.5からマイナス27.5に悪化した。

センティックスは「欧州の多くの国でロックダウンの影響が出た」とし、ワクチン接種がなかなか進まないことが欧州連合(EU)の足かせになっていると指摘した。

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up