for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

今年のユーロ圏成長率予測、5月に引き上げも=欧州委員

[ブリュッセル 13日 ロイター] - 欧州連合(EU)の欧州委員会は、2021年のユーロ圏成長率予測を5月に引き上げ、国際通貨基金(IMF)の見通しに近い水準に修正する可能性がある。

ジェンティローニ欧州委員(経済政策担当)が、オンライン形式で開かれたIMFの春季会合で明らかにした。

ジェンティローニ氏はゲオルギエワIMF専務理事との討論で、一部のEU加盟国で新型コロナウイルス感染抑制のための制限が再導入されているものの、ワクチン接種が加速する中で景気回復が進行していると指摘。

「回復は(今年)後半に加速する見込みで、われわれが1カ月後に示す予測はより楽観的になるだろう。冬場に示した予測より楽観的になる可能性がある」と述べた。

欧州委が2月に示した今年と来年のユーロ圏成長率予測は3.8%、IMFが先週示した今年の予測は4.4%だった。

ジェンティローニ氏は「IMFの見通しはより楽観的だ。回復が進んでいることから、(達成は)可能だ」と述べた。

※原文記事など関連情報は画面右側にある「関連コンテンツ」メニューからご覧ください

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up