October 30, 2019 / 10:58 AM / 22 days ago

ユーロ圏景況感指数、10月は100.8に低下 サービス業も悪化

[ブリュッセル 30日 ロイター] - 欧州委員会が発表した10月のユーロ圏景況感指数は100.8で、9月の101.7から低下した。

これは2015年1月以来の低水準。低下は2カ月連続。製造業の景況感悪化がサービス業や消費者にも波及した。

市場予想は101.1だった。

製造業の景況感は、長期平均を大幅に下回る水準に悪化している。世界的な貿易戦争で輸出産業が打撃を受けていることが背景。

10月のユーロ圏サービス業景況感指数は9.0と、9月の9.5から低下。2015年6月以降で最低となった。

消費者心理も冷え込んでおり、小売り業の景況感が悪化した。

消費者は今後数カ月で物価が上昇すると予想しているが、製造業・サービス業の販売価格の見通しは概ね変わらずだった。

10月のユーロ圏業況指数はマイナス0.19と9月のマイナス0.23から上昇。市場予想はマイナス0.24だった。

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below