June 17, 2019 / 10:12 AM / a month ago

第1四半期のユーロ圏賃金、前年比+2.5% 統計開始以来最大の伸び

 6月17日、欧州連合(EU)統計局が発表した第1・四半期のユーロ圏の賃金は前年比2.5%上昇と、2010年の統計開始以来、最大の上昇率を記録した。2017年11月撮影(2019年 ロイター/Eric Vidal)

[ブリュッセル 17日 ロイター] - 欧州連合(EU)統計局が発表した第1・四半期のユーロ圏の賃金は前年比2.5%上昇と、2010年の統計開始以来、最大の上昇率を記録した。

2018年第4・四半期と第3・四半期は2.3%上昇だった。

第1・四半期の労働コストは前年比2.4%上昇。労働コストのうち非賃金項目は2.2%上昇した。

賃金が上昇し、雇用も極めて好調であるにもかかわらず、物価上昇力は弱く、欧州中央銀行(ECB)の目標を大きく下回り続けている。

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below