for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

ユーロ圏の家計向け融資、7月は3.4%増 危機後で最高

 8月28日、欧州中央銀行(ECB)のデータによると、7月のユーロ圏の家計向け融資の伸び率は前年比3.4%と、危機後で最高となった。写真はフランクフルトにあるECB本部。7月撮影(2019年 ロイター/Ralph Orlowski)

[フランクフルト 28日 ロイター] - 欧州中央銀行(ECB)のデータによると、7月のユーロ圏の家計向け融資の伸び率は前年比3.4%と、危機後で最高となった。

6月は3.3%だった。

今後の経済活動の先行指標とされるマネーサプライM3伸び率も前年比5.2%と、予想の4.7%を大幅に上回った。6月は4.5%だった。

企業向け融資の伸び率は前年比3.9%で変わらず。今年最高の水準に並んだ。

景気の減速が続く中でも、ユーロ圏が景気後退には直面していないことが浮き彫りとなった。

ただ伸び率は、製造業の輸出受注低迷を背景にトレンド(すう勢)を下回っており、今回の統計で欧州中央銀行(ECB)の景気に対する懸念が和らぐ可能性は低い。9月12日のECB理事会での金融緩和決定はほぼ確実視されている。

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up