May 4, 2018 / 9:34 AM / 21 days ago

4月のユーロ圏総合PMI改定値は55.1、17年1月以来の低水準

[ロンドン 4日 ロイター] - IHSマークイットが発表した4月のユーロ圏総合購買担当者景気指数(PMI)改定値は55.1で、2017年1月以来の低水準だった。速報値と3月の55.2から低下した。

ただ新規事業が依然高水準にあることなどからみて、見通しはまだ比較的明るい。

景況判断の分かれ目となる50は引き続き上回った。

IHSマークイットのチーフビジネスエコノミスト、クリス・ウィリアムソン氏は「低下はしたが、まだ懸念するほどの低水準ではない。ただ、詳細をみると今後数カ月でさらに低下する兆候がある」と指摘した。

4月の調査は、ユーロ圏の域内総生産(GDP)が前期比0.5─0.6%増となることを示唆しているという。

同氏は「さらに悪化すれば、政策担当者の間で懸念が再燃する可能性がある」との見方を示した。

4月のサービス部門PMI改定値は54.7で、3月の54.9から低下した。速報値は55.0だった。産出価格指数は51.8で3月の52.1から低下し、7カ月ぶり低水準だった。

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below