March 4, 2020 / 9:46 AM / 25 days ago

ユーロ圏総合PMI改定値、2月6カ月ぶり高水準 先行きに不安

3月5日、IHSマークイットが発表した2月のユーロ圏総合購買担当者景気指数(PMI)改定値は51.6と、前月の51.3から上昇し、6カ月ぶりの高水準となった。写真は2016年10月、独西部の工具工場で撮影(2020年 ロイター/Wolfgang Rattay)

[ロンドン 4日 ロイター] - IHSマークイットが発表した2月のユーロ圏総合購買担当者景気指数(PMI)改定値は51.6と、前月の51.3から上昇し、6カ月ぶりの高水準となった。

速報値から修正はなかった。好不況の分かれ目となる50を上回った。

ただ今後については、新型コロナウイルスの感染拡大で輸出受注が落ち込み、サプライチェーンが混乱するとの懸念が浮上している。

IHSマークイットのチーフ・ビジネス・エコノミスト、クリス・ウィリアムソン氏は「2月はコロナウイルスに伴う混乱があったが、ユーロ圏経済は底堅さを示した。ただデータを詳細に分析すると、今後、問題が待ち構えている兆しがある」と指摘。

「ウイルス感染を受けた需要低迷を背景に、モノとサービスの輸出は減少ペースが増している。納品の遅れも広がっており、将来の生産のリスクになっている」と述べた。

新規輸出受注指数は47.5で、前月の49.2から低下。受注残の処理に依存する形が過去1年間続いている。

ウィリアムソン氏によると、PMIは第1・四半期の域内総生産(GDP)が0.1─0.2%増になることを示唆しているが、明確な下振れリスクがあり、3月に鈍化する可能性が高い。

2月のサービス部門PMI改定値は52.6で、前月の52.5から上昇。速報値の52.8からは下方修正された。

サービス企業の楽観度は低下。雇用の拡大ペースは鈍化した。サービス企業の見通しを示す指数は61.3で、前月の61.9から低下した。

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below