for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

ユーロ圏1月PMI低下、ロックダウンでサービスの落ち込み深刻

[ロンドン 3日 ロイター] - IHSマークイットが発表した1月のユーロ圏の購買担当者景気指数(PMI)改定値は、新型コロナウイルス感染拡大を受けたロックダウンの再導入でサービス業が特に悪化した。

製造業とサービス部門を合わせた総合PMIは47.8。速報値(47.5)からは若干上方改定されたが、前月(49.1)から低下した。

IHSマークイットのチーフ・ビジネス・エコノミスト、クリス・ウィリアムソン氏は「コロナ規制でサービス業を中心に打撃を受けており、予想はしていたが2021年は厳しいスタートを切った」と述べた。

サービス部門PMIは46.4から45.4に低下。速報値(45.0)からは上方改定された。

1日発表された製造業PMIは前月から低下したものの、景況拡大と悪化の節目である50を引き続き上回った。

ウィリアムソン氏は「引き続き製造業がサービス業の落ち込みをカバーしているが、製造業もコロナ禍で需要が減少したり、供給が遅延し生産の伸びが減速している。2020年前半ほどひどくないだろうが、第1・四半期はマイナス成長になりそうだ」と述べた。

サービス部門では新規事業指数が46.6から45.4に低下した。

ただワクチン接種の実施で正常化への期待もでている。総合部門の将来の生産指数は64.2で、前月の2018年4月以来の高水準(64.5)から若干の低下にとどまった。

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up