February 21, 2018 / 9:57 AM / 9 months ago

ユーロ圏総合PMI速報値、2月は57.5に低下 依然高水準

[ロンドン 21日 ロイター] - IHSマークイットが発表した2月のユーロ圏購買担当者景気指数(PMI)速報値は57.5と、予想の58.5を下回った。

1月改定値は、過去10年あまりで最高の58.8だった。

値上げとユーロ高が響いたが、先行きへの楽観度は少なくとも5年半ぶりの高水準となっており、依然として力強い成長が続いていることが浮き彫りとなった。

IHSマークイットのチーフ・ビジネス・エコノミスト、クリス・ウィリアムソン氏は「依然として非常に高水準だ」と指摘。第1・四半期の域内総生産(GDP)伸び率が0.9%に達するとの見通しを示した。ロイター調査では0.6%が予想されている。

1年後の生産予測を示す指数は68.3で、2012年7月の統計開始以来、最高となった。前月は68.0だった。

サービス部門PMI速報値は56.7で、前月の58.0から低下。市場予想の57.6を下回った。

企業の値上げは続いている。サービス部門の産出価格指数は52.8で、前月の53.6から低下したが、前月は2008年半ば以来の高水準だった。ユーロ高で輸出競争力も低下している。

ウィリアムソン氏は「企業ははっきりと指摘していないが、こうした要素が影響しつつあると要約できる」との見方を示した。

製造業PMI速報値は58.5と、前月の59.6から低下。予想の59.3を下回った。

生産指数は59.5と、4か月ぶりの低水準だった。前月は61.1だった。

輸出受注指数は56.8と、7カ月ぶりの低水準。前月は58.4だった。ユーロ高が影響している可能性がある。

キャピタル・エコノミクスのエコノミストは、「2月の総合指数は低下したが、依然として高水準で今年初めの健全な成長と一致している。総じてみるとユーロ圏経済は引き続き堅調でインフレ圧力も少ない。欧州中銀(ECB)は年内の資産買い入れ終了を今後数週間で示唆するとみている」と述べた。

今回は低下したものの、50は依然と大きく上回っている。JPモルガンのグレッグ・フゼシ氏は「このところは持続が難しくなるほどの高水準にあったため、今回の低下はそれほど驚くべきことではない」とし、「中身を見ると周辺部が底堅かったほか、雇用指数の低下はほんのわずかだった。このため、将来的な低下は抑制されたものになるとみている」としている。

*内容を追加して再送します。

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below