September 2, 2019 / 9:00 AM / 20 days ago

8月のユーロ圏製造業PMI改定値は47.0、需要低迷続く

 9月2日、IHSマークイットが発表した8月のユーロ圏製造業購買担当者景気指数(PMI)改定値は、速報値と同じ47.0だった。写真はドイツのデュイスブルクにある製鉄工場で2012年12月撮影(2019年 ロイター/Ina Fassbender)

[ロンドン 2日 ロイター] - IHSマークイットが発表した8月のユーロ圏製造業購買担当者景気指数(PMI)改定値は、速報値と同じ47.0だった。2012年12月以来の低水準だった7月の46.5からは改善したが、需要の低迷が続き、景況拡大と悪化の分かれ目である50を7カ月連続で下回った。

生産を示す指数は47.9。7月の46.9からは改善したが7カ月連続の節目割れとなった。

IHSマークイットのチーフ・ビジネス・エコノミスト、クリス・ウィリアムソン氏は「夏場の生産の落ち込みが8月も続いた。今後1年の楽観度が明らかに低下し、企業が状況悪化を見込んでいることが示された」と述べた。

企業の楽観度を示す将来の生産指数は52.6から50.6に低下し2012年11月以来の低水準となった。

雇用は4カ月連続、新規受注も11カ月連続で50を下回った。

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below