for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

ユーロ圏製造業PMI、5月改定値63.1と過去最高 投入価格上昇

 IHSマークイットが1日発表した5月のユーロ圏製造業購買担当者景気指数(PMI)改定値は63.1で、4月の62.9から上昇し、1997年6月の調査開始以来の最高を記録した。写真はドイツ・デュースブルクの工場で昨年1月撮影(2021年 ロイター/Wolfgang Rattay)

[ロンドン 1日 ロイター] - IHSマークイットが1日発表した5月のユーロ圏製造業購買担当者景気指数(PMI)改定値は63.1で、4月の62.9から上昇し、1997年6月の調査開始以来の最高を記録した。速報値の62.8から上方修正された。

ユーロ圏経済はここ1年、新型コロナウイルスのパンデミック(世界的大流行)により大きな打撃を受け、サービス業の大半が閉鎖を余儀なくされた。一方、製造業はおおむね操業を続けており、域内の行動制限は段階的に緩和されている。

生産指数は4月の63.2から62.2に低下した。50を上回ると拡大を意味する。

IHSマークイットのチーフビジネスエコノミスト、クリス・ウィリアムソン氏は「生産が伸びているということは、経済が第2・四半期に力強く回復している証拠だ」と指摘。「ただ5月は、記録的な供給遅延も発生した。生産の足かせとなり、需要に対応できない企業も多かった」とした。

新型コロナ流行に伴う供給面の制約を背景に、投入価格指数は87.1と、4月の82.2から大幅に上昇。過去最高を更新した。

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up