April 18, 2019 / 9:25 AM / a month ago

ユーロ圏総合PMI速報値、4月は51.3 予想に反して低下

    [ロンドン 18日 ロイター] - IHSマークイットが発表し
た4月のユーロ圏総合購買担当者景気指数(PMI)速報値は51.3
で、前月の51.6から低下した。ロイターがまとめた予想中央値は5
1.8だった。価格上昇は控えめだったにもかかわらず、需要がほとん
ど増加しなかった。
    IHSマークイットのチーフ・ビジネス・エコノミスト、クリス・
ウィリアムソン氏は「控えめでパッとしない経済成長を示唆しており、
これは暗い見通しに反映されている」と述べた。
    同氏によると、PMIがこの水準を維持すれば、第2・四半期の域
内総生産(GDP)の伸び率は0.2%を若干下回る水準となる見込み
。今月のロイター調査で示された予想の0.3%を下回る。
    新規事業はほとんど伸びず、サブ指数は50.6と、前月の50.
5からわずかに上昇した。好不況の分かれ目となる50に近い水準とな
っている。
    製造業が引き続き全体の重しとなっている。4月の製造業PMI速
報値は47.8と、前月の47.5から上昇したが、3カ月連続で50
の水準を下回った。予想中央値は47.9だった。
    生産を示す指数は48.1と、前月の47.2から上昇した。一方
、受注残指数は6年超ぶり低水準の44.4。前月は45.0だった。
    4月のサービス部門PMI速報値は52.5と、前月の53.3か
ら低下。ロイターがまとめた予想中央値の53.2も下回った。    
    サービス部門のビジネス見通しを示す指数は前月の62.3から6
2.0に低下した。
    ウィリアムソン氏は「製造業を中心とした減速がサービス部門に拡
大しているサインがさらに示された」と指摘した。

    
 (ーからご覧ください)

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below